パリピ孔明 月見英子(歌唱96猫)の劇中挿入歌Find the wayの歌詞及び発売日はいつ?

パリピ孔明

エイベックスはあといくつ弾が残っているんだ、という非常に嬉しい気持ちで執筆している私です。

本当、あと何曲出てくるんだ?(汗)

まず、Find the wayは96猫さんが歌唱しているんですが、作中で月見英子が歌っているシーンから、KABE太人が聞いていた作中での原曲に切り替わり、声の出し方が途中で変わっています。

引用  小川亮 四葉夕卜 パリピ孔明製作委員会/講談社

これ、声の出し方を変えて96猫さんが歌っているのか、あるいは他の誰かが歌っているのかは現時点ではわかりませんが、EDでのクレジットはEIKO starring 96猫となっていますので、前者の可能性が強いのかな、と個人的には思っています。

で、昨日の記事でも書きましたが、

Find the wayはひと昔前、1990年代に流行した、ビーイング系の音楽に似た作りになっているのではないかな、と素人ながらに思いました。

私は、DEENにZARDにWANDSにB’zとゴリゴリのビーイング世代な訳ですが、今の若い方にはビーイングというものが何なのかわからないかと思いますので、そちらをサクッとまとめてみましょう。

ビーイングとは、株式会社ビーイングをさすものでして、こちらは非上場の企業で、1978年に独立した長戸大幸氏が設立した音楽制作会社(現在は音楽制作の他に不動産や投資にも関わっているそう)

これはウィキを見て私も初めて知ったのですが、社名の由来がちゃんとありまして、長戸大幸氏の大=BIGのBと出資者の一人でもある海老名俊則氏のEの文字ををとってBEing(ビーイング)と命名したとのこと。

1985年には、先程は名前をあげませんでしたが夏の代名詞でもあるTUBEがデビューし、1986年にはサードシングルのシーズン・イン・ザ・サンがヒット。

何となく、月見英子が(96猫)さんが今回歌っていたFind the wayにアレンジが似ていると思いません?

続いて、1988年にはB’zがデビュー。

B’z。日本で一番長く売れ続けていると言っても過言ではロック・ユニットですね。私はBad Communication が好きですが、中でもE.Styleが一番好み、けどここは原点をプッシュしましょう。

いつかのメリークリスマスや、もう一度キスしたかったなどのバラードも良いので、聞いたことが無い方は検索かけて調べてみることをオススメ致します。

B’zがヒットしたのは1990年の太陽のKomachi Angelですが、1980年代にデビューしたビーイング系では、この二組のミュージシャンが稼ぎ頭になってくれています。

あ、あと異端かもしれませんが、踊るポンポコリンを出したのもビーイングのバンドであるB.B.クイーンズ。

当時は一世を風靡したアニメソング(ちびまる子ちゃんのアニメソング)で、歌詞はけっこうノリノリでふざけたもので、歌唱している人達もちょっと引いてしまうファッションなのに、歌唱力とヤバい

90年代、中でも特に93年のビーイングは飛ぶ鳥を落とす勢いでして、不況と言われている状況で(それでも今の状況よりは大分マシだったのかなぁと、個人的には思っています)、450億もの売り上げを叩き出したそうです。

数値にすると、音楽業界の売り上げの7%というのだから、とんでもない……

先述したZARD、WANDS、DEENに加えて、他には大黒摩季、T-BOLAN、FIELD OF VIEW、とシングルで100万枚の売り上げを叩き出したアーティストがこれでもかというくらいに輩出されたのだから、アーティストに実力があったのはもちろんですが、現在の経済状況を考えると、ちょっとしたバブルの状況だったのかもしれません。(あるいは、昔が普通で、今が不況なだけなのか)

1990年代後半や2000年代は、最盛期程の売り上げは失われたものの、倉木麻衣、愛内里奈、GARNET CROWといったミュージシャンを輩出しております。

個人的には、ビーイング系列の音作りは好みなのですが、その中でもDEENとGARNET CROWが特に好き。

DEENなら、シングル曲の夢であるようにから、サードアルバムのThe DAY辺りが好き。

GARNET CROWはファーストアルバムのアルバム曲である水の無い晴れた海へと、巡り来る春にが好きなんですが―こちらはビーイングの主流な音作りとは、ちょっと異なるかも。あの虚無的ながらも哀愁漂う感じが、私は大好きですが。

話題がパリピ孔明のFind the wayから大幅にズレてしまいましたが、どうしてこんなにビーイングの話をしているかというと、作曲者が多胡邦夫さんだったからですね。

多胡邦夫さん自身はビーイングと関係が無いはずなんですが、Every Little Thingの愛のカケラを初めて聞いた時は、ビーイング系列の作曲者に発注でもしたの? と思って作曲者のクレジットを見た記憶がありましたから。

作曲者の情報を出しましたので、Find the wayの諸々の情報も書いていきましょう。

歌     EIKO starring 96猫

作詞   小松レナ

作曲  多胡邦夫

編曲者の文字がちょっと潰れて確信が持てないんですよね。末田浩徳、だろうか?  詳細がわかったら、あるいは確定したら追伸という形で追って報告させて頂きます。

追伸

SNさんより情報をコメントで頂きまして、編曲者は米田浩徳さんであることがわかりました。

SNさんにはこの場を借りてお礼申し上げますm(_ _)m

本当にありがとうございました。

さて、肝心のFind the wayですが。最初は月見英子の歌唱から、KABE太人の回想に場面が変わりますので、一度歌が途切れますので、【ここから】【ここまでが途切れる前の歌詞】と付記し、再度流れた部分の歌詞を《ここから》《ここまで》という具合に区別させて頂きます。

なお、聞き取りながら書いていますので、途中で間違い、抜けがあるかもしれませんが、その際はご容赦下さい。

【ここから】

小さな頃に描いた理想を

自分知る度 塗り替えてゆこう

誰もがきっと輝く 特別を持っている

大切に磨けば

【ここまでが途切れる前の歌詞】

《ここから》

君だけの運命を照らすから

いつか叶うはず 信じた道を進め

挫けそうな日は いつでも君のそばにいるから

だからぎゅっと強く この手を握っていて

世界中でたった一つの自分らしい未来へ

心ごと受け⽌めよう

さあどこへでも⾏けそうさ

熱い気持ちがある Find the way

《ここまで》

これで月見英子さんこと、EIKO starring 96猫さんが劇中で歌う曲は全部で

I’m still alive today(acostic ver)

Be crazy for me

Shooting Star

六本木うどん屋(仮)

Find the way

の五曲になります。

では最後に発売日に関してですね。

と言っても、これに関しては新しい情報が無いのでこれまでShooting Starや六本木うどん屋(仮)の記事でも書いているものと同じ内容ですね。

Find the wayは、CDでの発売が現在は未定です。

そのため、現時点で私が考えられる可能性として、三つほど、可能性をあげておきます。

可能性一 サントラ収録曲としてFind the wayを発売

パリピ孔明の公式HPでは、パリピ小梅のサウンドトラックが6月29日に発売とあります。

これまで六本木うどん屋(仮)同様、作中で放送されてきたBGMとセットで、6月29日に発売される可能性ですね。

可能性二 Blu-rayの特典

アニメ作品でよく見かける販売手法の一つですが、Blu-rayやDVDの特典にサウンドトラックをつけることがあります。

もっとも、ウンドトラックは可能性一で書きましたが6月29日に発売日が決定しています。

もしもBlu-rayの特典として、ボーカル曲のみを集めたミニアルバム、あるいはアルバム、またはシングルという形で、Blu-rayの特典として販売する可能性ですね。

なお、最初にリリースされるBlu-rayの発売日は6月29日。

もしかしてミニアルバム・アルバムとして特典につけられるなら一番最初か最後が可能性が高いと思うので、一枚目のBlu-rayの特典なら6月29日、最後の4枚目の特典であれば現時点では不明。

そして、一番考えたくない可能性なんですが、シングルとして各Blu-rayの特典につけられた場合……これは考えたくない、頼みますからサントラに収録して下さい、エイベックスさん、パリピ孔明製作委員会(泣)

可能性三 サントラとは別にシングル、もしくはミニアルバムとして発売

これならまだ手が届く、という形の可能性三。

サントラとは別にミニアルバムとして発売する可能性ですね。

ただこの第三の可能性は、現時点での情報がありませんので、発売日については未定としか書きようがありません。

6月29日前には、詳細な情報がわかると思いますので、情報が更新され次第、追伸という形でお知らせしたいと思います。

追伸

考えていたよりも早く続報が入りました、可能性その三、実現です。

フルアルバムでボーカルアルバムリリースの情報が入りました。

私は一足早く予約させて頂きました♪

コメント

  1. いより@DQX より:

    アマゾンでボーカルなんちゃらを予約してしまったよ。
    情報ありがとうございました。

    • n-hata より:

      いよりさん、初めましてm(_ _)m
      私も予約しちゃいましたよ、パリピ孔明のボーカルフルアルバム(^O^)
      まだ劇中で発表されていない曲もあるので、楽しみに待っていましょう♪

  2. SN より:

    初めまして、お邪魔します。
    「Find the way」の編曲者は米田浩徳さんです。
    ネトフリで目を皿にして見て、twitter(https://twitter.com/indie_g_plus)も確認したので間違いないですよ。
    因みにプロフはこちら⇒【https://www.flourish.tokyo/64】

    • n-hata より:

      SNさん、初めまして。
      そして情報ありがとうございますっ!(五体投地)

      どれだけ拡大しても確証が持てなかったんで、とても助かりましたぁm(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました