ぼっち・ざ・ろっく ぼざろ ED曲 主題歌カラカラのCD発売日はいつ? 歌手は誰でどんな歌詞?

ぼっち・ざ・ろっく

良い意味で意表をついてくれたぜぼっち・ざ・ろっく!

まさか第四話で主題歌のED曲が変わるとは!

曲が変わったのも意外であれば、ボーカルがチェンジされているのも意外。

本当、良い意味で意外や意外。

引用 はまじあき aniplex/芳文社

では、恒例ながらこの曲を歌っている歌手の紹介からしていきましょう。

歌唱しているのは結束バンドという名称のバンド。

この記事を見ている、ということはED曲の主題歌であるカラカラ関連の検索をして訪問された方が大半でしょうが、たまたま他の検索をかけて、当ブログの他の記事を見たついでにこの記事を見ている、という方もいるでしょうから、結束バンドの説明からさせて頂きます。

ぼっち・ざ・ろっく(通称、ぼざろ)という、「まんがタイムきららMAX」という、芳文社の雑誌で連載中のはまじあき先生による四コマ漫画原作のアニメ作品。

どういう作品なのかというと、キャッチコピーがありますので、まずはこれを書きましょう、。

陰キャならロックをやれ!

はい、中々尖ったキャッチコピーですな。

このコピーに現れているように、主人公の後藤ひとりは、あだ名が【ぼっち】【ぼっちちゃん】と呼ばれるまでは、そもそもあだ名で呼ばれるような関係性を中学までは構築出来なかったコミュ症。

どのくらいコミュ症なのかと言うと、第二話でバイトをするお話しがあるのですが、そのバイトに出勤したくないがために水風呂に遣って死にそうな顔になってまでやりたくない、というくらいに筋金入り(汗)

そういう女の子ですので、性格は陰キャ、対人関係にとても、非常に難あり(汗)

後藤ひとりこと、ぼっちちゃんについては、こちらの記事でまとめております。

そんなぼっちちゃんがバンドの一員であるギターとして参加しているバンドが、【結束バンド】です。

どこかで聞いたことがある名称だ、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、インシュロック、ロックタイ、という名称でも、ホームセンター等で販売されているアイテムですな、結束バンド(汗)

まぁ、一種のダジャレですな(笑)

アニメ内で活動しているバンドが、OP曲やED曲で歌唱している、という設定になります。

さて、この記事の冒頭で私は、意外という言葉を何度も連呼しておりました。

理由の一つは、先述した通り第四話で主題歌のED曲が変わったかたからです。

第一話から第三話はDistortion!!という曲を歌唱していました。

楽曲の提供は谷口鮪氏。

作品内では、ギター担当兼主人公のぼっちちゃんが作詞。

ただ、四巻で山田リョウが作曲で行き詰っている場面があるんですが、そこでは『ぼっちとも考えてるけど難航中』と記されているので、作曲のブリッジ的なものをぼっちちゃんがしているのか、作詞面からアイディアを出しているのかは不明です。

バンド的には、ベース担当の山田リョウが作曲を担当、ボーカル兼ギターを担当する喜多郁代に、ドラム担当の伊地知虹夏という構成。

そのため、作品内ではこれらの楽曲は基本的山田リョウが作曲、ぼっちちゃんが作詞というスタイルですね。

で、ぼっちちゃんは陰キャでコミュ症、というお話しは先程しましたが、そんな彼女が作詞担当となったのには事情がありまして。

ぼっちちゃんの中学時代はかなり孤独なものでして、青春とは無縁と言っても過言ではない、どこにも青さも、春も皆無なもの(涙)

むしろ、そういう青春に憧れた結果、逆に色々と失敗した経験からその過去がトラウマになってしまったのですね。

なので、【夏とか青い海とか、花火みたいな歌詞を聞くと欝々とした気分になるのだそうで、逆に青春時代の鬱憤を叩きつけるような歌詞は好み】と作中で発言しています。

これを、作中では青春コンプレックスと呼んでおります。

はい、OP曲のタイトルですね(汗)

現に、第四話ではSNS(イソスタという、インスタみたいなもの)をやることを喜多ちゃんに勧められた結果、作画崩壊と言うかホラーみたいな映像が流された後に、承認欲求モンスターに変身してしまいましたからね(汗)

漫画原作では、そういう青春話が出ると、嘔吐、吐血は普通にありますし、顔面崩壊もあります。

身体が崩れ去ることすらある有様で、こういった拒絶反応が演奏中に出たらシャレになりませんので、そういったタブーを避けるべく、ぼっちちゃんが作詞を担当することになったのです。

ですから、Distortion!!の歌詞はがぼっちちゃんが書いたものにしては、後ろ向きから何とか前を向こうとしている歌詞に思えたので、そういったところも意外でしたね。

ああ、曲調は完全に明るめのものでしたので、意外も意外だったんですがね。

もう一つの意外な点。

歌唱は結束バンド、なんですが内訳が違います。

Distortion!!は喜多ちゃんの声優である長谷川育美さんが担当されておりましたが、カラカラは山田リョウの声優である水野朔さんが担当。

まさかED曲をそれぞれのバンドメンバーの声優が担当して、数話ごとにチェンジしてくるとは想定外でした。

さて、カラカラの情報を書き始めていきましょう。

曲名 カラカラ

作詞 中島イッキュウ

作曲 中島イッキュウ

編曲 三井律郎

中島イッキュウさんは、tricotやジェニーハイで活躍中のアーティスト。

変拍子がスゲェな。

ドラムもベースも、よくこんなリズムを刻めるものだ……

でもこういう楽曲提供者がいるのであれば、SICK HACKやSIDEROSも期待していいですよね?

さて、カラカラのCDの発売日ですが、CDではまだ発売日未定なんですよね。

ただ、MP3ではすでにアマゾンでもダウンロード販売されています。

では、今回はカラカラの歌詞を耳コピしたものを掲載して終わりにしたいと思います。

なお、あくまで耳コピによる歌詞ですので、ミスによる誤記はご容赦下さい

==============================

重大な問題 抱えて眠る

愛された方が 確かに夢想できたけど

冷たい夢から ⽬覚めて痺れる身体

君が眩しいから 私は影になれる

いざ 踏み込め

確かなことなど 一つもないけれど

幼い心を 明日に運ぶのさ

ああ カラカラ騒ぐ思考飛ばして 前借りしてるこの命を

使い切らなくちゃ 今この時も

ダラダラ過ぎる日も愛して きっと君に会いに行く

いつか消えてしまう前に

==============================

Amazon Music - 結束バンドのカラカラ - Amazon.co.jp
Amazon Musicで結束バンドのカラカラ をチェック。Amazon.co.jpにてストリーミング、CD、またはダウンロードでお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました