パリピ孔明のED曲(主題歌)気分上々↑↑の発売日はいつで原曲、歌手(96猫)等の情報まとめ

パリピ孔明

カマせyeah×3 気分上々↑↑の 針落とせ音鳴らせ パーリナイ♪

リズム感無くても頑張って歌っちゃいますよ、気分上々の~♪

先日書いたパリピ孔明のOP曲についての情報、原曲、歌手などのまとめに続いて、今日はED曲についての情報をサクッとまとめてていこうと思います~、シャレてるビートに乗って 感じる体揺らそうよぉ~~♪

ただその前に、これはアニメの主題歌なので、EDで出てくるアニメーションについても書かせて頂きます、だってかわいいもの、あのED。

引用  小川亮 四葉夕卜 パリピ孔明製作委員会/講談社

ED曲である『気分上々↑↑』に出てくるのはデフォルメされたキャラ達。月見英子さんも、諸葛孔明も、そしてバーテンダーも可愛い感じに仕上がっております。

バーテンダーさんが皿を拭いていると、慌てて駆け込んでくる月見英子さん。遅刻でもしそうになっていたんですかね?(笑)

可愛らしく彼女が笑顔で奥に駆けていくと、バーの奥から、孔明の後ろ姿がニュッと出てきます(神出鬼没)

まだちょっと現時点では素性がわからない頭髪が赤い、後ろにひとくくりにした長髪の男性と、青い髪の男性が孔明に何やら注文すると、孔明、飲み物が入ったボトルでジャグリングを開始し、飲み物を提供。反対側から月見英子のファン一号がスマホをいじりながらやってきて、椅子に腰掛けます。

引用  小川亮 四葉夕卜 パリピ孔明製作委員会/講談社

月見英子のファン一号については、第三話で出てきたので感想の中にもチョロっと彼について書いておりますので、よろしければどうぞ。

飲み物を手に赤い髪の男性と青い髪の男性が去っていくと、孔明が何か書き物をしていると(草船借箭の計略か?)彼等が去っていった方向から、BBラウンジに勤めているDJ SATORI(サングラスをかけた茶色の帽子を被ったキャラ)がバーの前を通り過ぎていきます。

バーの向こうにいる孔明が姿を消すと、画面にどアップで出現(笑)

彼が指し示した扇子の先には、かわゆくデフォルメされた月見英子さんのステージが。

かわいらしく手を振りながら、DJ SATORIのビートに合わせて歌っております。

場面が変わると、バーの手前の席で、ライブが終わって一息ついているのか、月見英子ちゃんが何とも言えない面持ちで座っています。

その前をモップをもった孔明がモップ掛けをして通過していき、終業したのでしょう、孔明と英子が二人でテーブル拭き。

テーブルを拭いていると、元気よくBBラウンジの扉を開いたオーナー小林が良い笑顔で登場、かくしてBBラウンジは閉店―という形で、ED曲をバックにアニメーションは終了します。

引用  小川亮 四葉夕卜 パリピ孔明製作委員会/講談社

それでは、肝心の主題歌、パリピ孔明のED曲である気分上々↑↑の情報についてまとめていきましょう。

歌っている歌手は96猫さんという、ユーチューブなどで注目を集めている歌手さんですね。

またの名を、リアル月見英子、は少々誇張表現かもしれませんが、非常な努力家の方。

ウィキペディアにも書いてあることですが、歌が上手いと褒められたことがないそうでして、それだけであれば、現在の歌唱力を考えると、普通に謙遜と思われるのですが―他のネット記事にあるインタビューによると96猫さん、動画に初投稿した際は『音程が来い』のタグをつけられ、自信をへし折られているそうです(泣)

ただ、打楽器(タンバリン)の演奏は褒められた、とあるので、リズム感は元々あった模様。リズム感無い人というのは、私のように本当に壊滅的ですから(T皿T)

ユーチューブ上では有名所では鬼滅の刃の主題歌であるLISAさんの炎をカバーしてUPし、オリジナル曲である『嘘の花火』はユーチューブでUPされてから、11780000回の再生回数を超えているシンガーです。

リアル月見英子、というのも誇張表現ではない、と言うのも、『音程が来い』のエピソードや現在の成功具合いを考慮すると、満更ウソでもないと思いますが、どうでしょう?

これまでにシングルは、メジャーレーベルで『嘘の火花』という作品を2017年にリリースしております。

ユーチューブに公式のものがアップされていたので、ご参考までに掲載しておきます。

もう一枚、リリースしているんですが……フィロソフィーエッグという曲を2018年にリリースしていますが、曲調が全然違うのよなぁ。ウィキにも何故か掲載されていないのは、単純に更新されていないから、でしょうね。

2021年にはTV 天地創造デザイン部のOP曲であるGive It Up?をリリースしています。

全三曲のシングル。インストゥルメンタル(カラオケバージョン、ボーカルOFF曲)を含めると全6曲。

アルバムはミニアルバムが2枚、フルアルバムが5枚リリースしており、2017年の10月にフルアルバムをリリースしてからアルバムのリリースは無い模様。

メジャーでの活動だけではなく、同人分野でも活動を行っており、チームペットショップやBAEのようなユニットも結成し、活動を行っています。

続いては、原曲である『気分上々↑↑』の情報について。

96猫さんがカバーした曲、気分上々↑↑は、日本の音楽ユニットmihimaru GTの9作目のシングル曲ですね。

公式の動画がUPされていましたので、掲載しておきます。

リリースは2006年……懐かしい(遠い目)

作詞hiroko & mitsuyuki miyake

作曲mitsuyuki miyake & Shifo & 日比野元気

編曲mitsuyuki miyake & 日比野元気

となっております。

なんでもラップの歌詞は、

【誰もが持っている日常的な悩みを、サビは悩みを吹き飛ばすほど楽しませてくれという意味で書かれた】そうです。

うーん、明るい曲調であまり歌詞には注意して聞いていませんでしたが、そんな意図があったとは。

ちなみにこの曲、ノリノリであるからでしょうか、近年、カバーされることが多い作品。

鈴鹿詩子さんが2020年10月に配信限定アルバム『IMAGINATION vol.3』にてカバーしたのを皮きりに、2020年の12月にはCDが限定販売されています。

 Happy Around! は2021年2月にシングルを発売しているんですが、このカバー曲のA面はダウンタウンの浜田さんが歌ったこと、小室哲哉さん作曲したことで有名な「WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーヴメント〜」をリリースしていますが、このカップリングに(歌:天野愛莉(CV:水樹奈々)&姫神紗乃(CV:Raychell)気分上々↑↑が収録されています。

すとぷりは2021年5月にYouTubeで投稿した結果、同年6月には配信限定シングルとして配信されています。

で、今回の2022年に96猫さんが、パリピ孔明のED曲として歌唱しています。

EIKO starring 96猫、諸葛孔明(CV:置鮎龍太郎)、KABE太人(CV:千葉翔也)、久遠七海 starring Lezelとして5月25日にCDがリリース予定。

孔明と月見英子ちゃんがプリントされたジャケットが目印。

価格は税込み1430円で、収録されているのは全4曲で、全て気分上々↑↑

1曲目の気分上々↑↑は英子と孔明のコンビ。

2曲目の気分上々↑↑は英子と孔明にKABE太人が加わったもの。

3曲目の気分上々↑↑は英子、孔明、KABE太人に久遠七海が加わったもの。

4曲目の気分上々↑↑はカラオケバージョンですね(インスト曲、ボーカルOFF曲)

個人的には.原曲のmihimaru GTがリリースされている原曲よりも、こちらの96猫さんが歌唱されている曲が非常にパワフルに歌われているので好みだったりします。

……結構、売り上げが上がるんじゃないのかと個人的には思っているんですが、これで96猫さん、注目されると良いなぁ(願望)

あ、あと孔明が(置鮎龍太郎)さんが合いの手を入れているのも、パリピ孔明ファンとしてはポイントが高いです。

これにKABE太人(千葉翔也)と久遠七海(山村響)が加わるとどうなるのかなぁと期待が高まります。

特にKABE太人はラッパーとして設定されているキャラクターで、物語上でも重要なキャラの一人ですので、千葉翔也さんがどのようにラップをしてくれるのか今から期待しているんですよね(ウキウキ)

あとは久遠七海―あ、ダメだこの先書こうとするとそこそこなネタバレになるの、今気付いた(汗)

一応、まだ原作を知らない方もここのページを見る可能性があるので、今日はこの辺りでお開きにさせて頂きますm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました